スケッチで会いましょう 3.0

スケッチ伝道師?の水彩画、風景画、徒然スケッチ紀行

散歩de水彩スケッチ 中崎町 恐竜大行進 2020

★徒然スケッチ紀行♪恐竜と水墨が出会うところ、ギャラリーきのね

f:id:nicoclub:20200817114054j:image

2020.8.12 walkingsketch-nakazakicho-dinosaur-greatmarch

・お題は…

スケッチの後は恐竜大行進

f:id:nicoclub:20200816232057j:image

大阪 中崎町にあるギャラリーきのね

そこで開催されておるCANさんの個展

恐竜大行進を見に行きました。

 

このブログを公開するころには、

大行進は終わってます、申し訳ない

 

2年前にCANさんに会いました。

 

墨で恐竜を描くというスタイルと美術部的カフェオーナーという独特な立ち位置、さらに実業家としての側面と哲学を感じさせる生き方…作品もそうですが、この作家さんそのものに惹かれました。

 

この間、CANさんは初めての絵本出版、ライブペイントメディアへの出演などでドンドン経験値を高めていきます。

 

作品は恐竜というキャラクターをユーモアと科学的見地から描き、その面白さについ目を奪われてしまいますが、墨の濃淡や筆づかいなど水墨画としての表現が深まっていることも見逃せません。

 

掛け軸として表装された作品は伝統工芸品のように、ずーっと昔からあったのではないかと思わせるほど自然、気をテラッた感がありません。

 

…などと持ち上げてみました。

 

たくさんの方が恐竜大行進のことをツイートされてますのでそちらをご覧ください。ワタシが言うまでもなく、評判はよろしいのです。

 

ゲットしたお気に入りの絵ハガキ

ミュージシャンなヴェロキラプトル 

f:id:nicoclub:20200816232225j:image

鳥獣戯画みたい、今にも動きだして何かを語りはじめそうです。

 

水彩で風景スケッチ…

大阪の中崎町にて水彩で風景スケッチ

ターレンス 90×140mm 水彩 

スケッチは、ギャラリーがオープンするまでのスキマ時間に描いたモノ。

中崎町にはオシャレなお店がたくさんあり、その中で異彩を放つ昔ながらの商店、これを描くのは手強く、案の定わけわからん絵になりました。

 

スケッチ俳句…

ここで一句、へなちょこ俳句17音の言葉遊び

いくたびも夏を過ごした古き店

 

f:id:nicoclub:20200816232149j:image

音スケッチ

さらに歩いてると懐かしい音が聞こえてきました。

  

この翌日から一泊でスケッチ旅行に行くのでありました。

 

…おしまい