スケッチで会いましょう 3.0

スケッチ伝道師?の水彩画、風景画、徒然スケッチ紀行

水彩deスケッチ百景 part 10 最終回

徒然スケッチ紀行 ☆ 近畿圏スケッチ百景…part 10 は第91〜100景の紹介、最終回

f:id:nicoclub:20210103230403p:image

△ 大阪 滝畑ダム

2021.1.13〜22 sketch-Hundredviews-part10-Final

f:id:nicoclub:20210123163639j:image

・お題は…

大阪、奈良、京都、滋賀、兵庫の各地をスケッチ

小さな木彫…大きさ3〜4㎝のねむり猫を作ったことがあります。仕上げはひたすらサンドペーパーで磨きに磨いて、木目がキレイに現れるまでツルツルにしました。そうなると手触りが違ってきます。手に優しく柔らかいのです。

あるとき木材加工に詳しい方が、ボソっと木は刃物で削ったあとが一番キレイだ…と言いました。

木を丸くすることに夢中になってたワタシは、そーなんだと少し視点が変わりました。

確かに熟練のワザでシャッとカンナで削った木の表面なんかは美しい。その表面は紙やすりで磨かない方がキレイですよね。

 

最近、水彩画でもこれに似たことを感じてます。

 

ボカシやにじみはキレイ…これがヤスリがけ。

筆のタッチが効いたキレのある絵…これがカンナがけ。

この二つのどっちかじゃなくて、どちらも組み合わせて描くのがイイのでしょう。難しいけどね。

 

というようなことを考えながらスケッチ百景、ようやくコンプリート、自分で自分を褒めたい気分です、タハハ…

 

スケッチ百景 part 10

第91景 京都府立植物園

水彩画 風景画 スケッチ百景

京都市内ではメジャーな写生地で、スケッチされている方のの姿をよく見かけます。
だからと言って描きやすいかというとなかなか手強いと思うのはワタシだけかもしれません。毎度ながら構図がなかなか決まらないのです。梅、桜、紫陽花、水車、紅葉、四季折々違った表情を見せるこの園内を散策するのは楽しいですよ。

 

第92景 大阪城

水彩画 風景画 スケッチ百景

大阪城、たまにはベタな風景もアリかと…
海外からは超人気の観光スポットです。
ここ数年、さらに観光化が進みいろんな施設ができて整備され、Jo-terrace、ミライザ、ポーネルンド…などなど、ちょいと面白くなってきました。

 

第93景 奈良公園

水彩画 風景画 スケッチ百景

奈良の中心地であり観光地でもあります。
たくさんある土産物屋の店先に吊っていたビニール製の鹿のおもちゃには足に車輪があり首に付いたヒモを引っ張って歩きます、犬の散歩みたいにね。
子どものころ欲しかったのですが手にすることはありませんでした。

今、思うとワタシは自分の気持ちを言葉にして人に伝えることの不器用な子どもだったようです。ひょっとしたら欲しいとねだったら買ってもらえたのかもしれません。
検索ワードは「散歩鹿」でヒットします。新しく民芸品として「鹿コロコロ」というのもあって、こっちもかわいい。

 

第94景 京都 祇園白川

水彩画 風景画 スケッチ百景

スケッチしてるとワンボックスカーが止まりました。中から大スターのYHさんがスタッフと一緒に姿を現します。
そのとたん周囲の空気が変わるオーラがあるのです。
どうやらYouTubeの撮影していました。

 

第95景 大阪 長居植物園

水彩画 風景画 スケッチ百景

植物園のある長居公園には国際規格の陸上競技場やサッカースタジアムがあって世界陸上サッカーワールドカップもここで開催されました。そしてセレッソの本拠地でもあります。
ほかに自然史博物館があって、こちらも人気。
もちろん、この地にもたくさんの想い出があるのです。

 

第96景 滋賀 坂本

水彩画 風景画 スケッチ百景

比叡山延暦寺の里坊、穴生衆の石垣、山王総本宮日吉大社…歴史と文化が深く根づく町。
観光地、写生地として人気がありワタシもここで何度も描きました。写生会や絵仲間さんとで何度も描きました。
この地に住む友人宅に泊めてもらったことも懐かしいです。

 

第97景 京都 宝ヶ池

水彩画 風景画 スケッチ百景

ワンダバタワンダバタ…地球防衛軍の基地としてロケされた国際会館があります。
紅葉もイイそうです。
野生の鹿もいますが最近では食害で困ってるようです。
ワタシ企画の写生会を何度かここでしたことがあって、そのとき奇跡の一枚が描けたというウワサがあったとか…

 

第98景 神戸 相楽園 旧小寺家厩舎

水彩画 風景画 スケッチ百景

もう一つの洋館、旧ハッサム邸をスケッチを大胆に省略して描くことができて、それがターニングポイントになりました。
日本庭園やこれらの洋館がコンパクトに収まったこの庭園、きっと季節によって様々な表情を見せるのでしょう。

 

第99景 京都 哲学の道 安楽寺

水彩画 風景画 スケッチ百景

現場で描くことに軸足を置いているワタシですが、これは写真からでないと描けない一枚です。
京都哲学の道近くの安楽寺は茅葺の門があって絵になる景観です。だけど、この辺りはスケッチ禁止、門の中はもちろん、外もNGなのです。写真からしか描けません。今も禁止なのでしょうね。

 

第100景 大阪 鶴見緑地

水彩画 風景画 スケッチ百景

描きつづけてきたスケッチ百景、最後はホームグラウンド鶴見緑地です。

ここに何回通ったでしょうか? 何枚描いたでしょうか? 

百景の最後は鶴見緑地にしようと決めてました。でもどの景観にしようか…
シンボルの風車や命の塔を描こうか…咲きほこる花は…やっぱり難しいなあ…といろいろ迷いました。たくさんの写真画像を眺めめていると夕暮れを描きたくなったのです。

 

 

百景はこれでおしまい。今までお付き合いくださった方、ありがとうございました。

 


こっちも見てね…

関連記事

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com

seeyousketc.hatenablog.com