スケッチで会いましょう 3.0

スケッチ伝道師?の水彩画、風景画、徒然スケッチ紀行

水彩de風景スケッチ cafeアトリエ発なんば界隈1話 2019.8

徒然スケッチ紀行★黄昏お散歩スケッチ、ギャラリーからそカフェへ…いろんな出会いアリ♪

2019.8.14 高島屋~cafeアトリエ

・お題は…

カップを水彩スケッチ

カフェにて水彩でカップを描く

ターレンス 90×140mm 水彩

スケッチ友だちNiさんと大阪 日本橋にある創作空間cafeアトリエ、そこでカフェスケッチです。ワタシはカップを水彩で描き、Niさんは画像を元に風景画をサラサラと描きます。

so-saku.com

このカフェに初めて来たのはちょうど1年前、ここのオーナーに会ったことがキッカケでワタシのシーズン3が始まりました。

▽ 向かい側はNiさんです。

個の地平展

このカフェに来る前に、なんば高島屋ギャラリーで”個の地平展”を見てきました。高校時代の恩師、Ma先生が出展しているのです。ワタシが高校の時、その先生は日本海の荒海を一気に墨一色で100号以上のサイズで描き上げるという豪快な画風でした。

それから随分後に個展で拝見したときは、京都の街並みを少し抽象化された墨一色の風景画、ワンポイントで色が入る…そのような画風、そして今回はガラッと変わります。

幼い子どもが描いたような絵…あのピカソが求めた世界です。大人になるにつれて身につけてきた色んなモノを捨て去ることで、このような絵が描けるようになってきた、この歳になってようやく自由に描けるようになってきた…と話していただきました。 

画風を変えることができる…すごいなあと思います。

サプライズで中学時代の恩師にも会いました。二人の恩師は知り合いだったのですね。ワタシは二人にはさまれ恐縮でありす。 

さらにそこへ、後で一緒にスケッチしようと誘っていたNiさんもきてくれて、 Ma先生とNiさん、いろんな画壇の話をされました。

創作空間cafeアトリエ

そしてギャラリーを後に、Niさんとcafeアトリエに来たました。このカフェでしばらく過ごし日が陰ったころ、外へ描きに行こうという算段です。

カフェのオーナーにNiさんを紹介しました。オーナーにも喜んでいただき、こうして出会いの多い一日となったのです。

▽ Niさんのブログ、この日のことを紹介してます。

blog.livedoor.jp

ここで一句… 

17音の言葉遊び、へなちょこスケッチ俳句…

珈琲にかき混ぜる夏の想い出

 

…つづく

 


 

こっちも見てね…

seeyousketc.hatenablog.com 

seeyousketc.hatenablog.com